占星術

藤森緑先生による西洋占星術の論文

 ←J:COMの取材 →ホロスコープに色と香りをまとわせて。春分直前イベント。
いつもお世話になっている
藤森緑先生が
大学の卒論としてお書きになった
西洋占星術をテーマにした
興味深い論文
拝読いたしました。

題して
「12星座占いを含めた西洋占星術の歴史と存在意義について」
~人間は何故、占いを求め続けるのか~


感想を公開しても
問題ないとのことでしたので
ブログに書かせていただきます。

ミッドポイント占星術2

その内容ですが
占星術の歴史
占星術に関するアンケート
占星術家へのインタビュー

さまざまな切り口から
西洋占星術の存在意義を問うた
意欲的なレポートとなっています。

この論文では

占星術家にとって
標(しるべ)となる秩序であり
占断の拠り所とも言えるもの

基本中の基本というべき
サインに関するロジック
について

明確な有意性を見出すことができない
つまり
偶然である可能性が高い

という
占星術家や占星術ファンが
ショックを受けるであろう
内容が書かれています。

われわれ占星術家としても
この結論を受けて
当たり前のように考えている
12星座、黄道十二宮の特徴などを
見直す必要があるのかもしれません。

今後も、より多くの
占星術、占いに関する
学術的な調査研究
その結果に基づいた
占断方法の構築などが
求められることでしょう。

これまでも
占星術に対する批判として
科学的根拠のなさ
挙げられていますが
現在に至っても
それに対する有力な反証
提示できていない状態です。

占星学から天文学
17世紀の科学革命
天体と宇宙の見方を激変させ
占星術
重要な学問の対象から
時代遅れであてにならない代物として
有識者から見放されていきました。

古い哲学と神学
美しき天動説のコスモロジーの中に
しっかりと根を張っていた
西洋占星術

新たな科学と理学
精確な地動説の宇宙モデルへの
パラダイムシフト
乗り遅れてしまったのです。

それにも関わらず
いやむしろ
科学に飛びつかなかったからこそ
占星術(星占いを含む)は
確実に人口に膾炙(かいしゃ)し
市井(しせい)の人々に求められ続けてきました。

まさに
膾(なます)と炙(あぶ)り肉
そのさっぱりとした冷たさと
旨みたっぷりの温かさで
人々を魅了し続けてきたように。

(宮廷料理が時代遅れとなり、誰も相手にしなくなっても、シンプルな田舎料理は常に、民衆の熱い支持を失わないのです)

しかもそれ(占星術)は
美味しさを提供するだけでなく
健康のためにも欠かすことのできない
栄養価の高い食べ物にも似て
楽しさを提供してくれるだけでなく
生活の役に立つものなのです。

藤森先生は
西洋占星術
研究材料として
論理的に判断するだけでなく
アクチュアルなものとして
包括的に評価するため
7人の占星術の実践家に
インタビューを行っています。

そこには
占星術家
熱い思いと信念
日々の鑑定や執筆などにより
積み重ねられた経験
幾多のフィードバックにより
深められた自信
切々と綴られ(語られ)ています。

経験の浅い私も
僭越ながらインタビュー
答えさせていただきましたが
他のベテラン占星術家
コメントを読んでみると
皆さんそれぞれ
独自の考えをお持ちで
なるほどと唸らされる内容や
目から鱗の発見もあり
大変参考になりました。

優先する事柄
占いに対するイメージ
長い歴史に対する敬意
ロジックに対するポリシー
ホロスコープに対する信頼度
クライアントとのコミュニケーション・・・

七人七色の
思想と哲学がある中で
共通する思い
あることを忘れてはなりません。

それは
統計では見出せないものの
占いにおける有意性は必ずあるはずだという確信
そして
占星術が多くの人に求められ
実際に多くの人を癒しているという
占いの持つ有用性についての揺らぐことなき自信
です。

確かに
実証主義的見地からは
占いというものは
偶然で片づけられてしまうもの

なのかもしれません。

ですが
占星術が仮に
偶然のみによって
成り立っていたとしても
そこに必然を見出すことこそが
占星術家の仕事です。

混沌の中に
秩序を見出すことで
世界を認識している
われわれ人間は

偶然の中に
必然を見出してはじめて
未来に向かって
歩くことができるのではないでしょうか。

科学の秩序は
人が迷わないための
画然たる路のようなもの。
われわれが
そこからうっかり外れてしまえば
もう何も答えてくれません。

占いの必然は
迷った人が生きていくための
かりそめの道のようなもの。
われわれは
それを頼りにすることで
また路に戻ることができます。


占星術家たちは
科学では捉えきれない
心のありようと
人の幸せの形

あいまいな根拠と
揺るぎない確信

示していくという
困難かつ崇高な行い
今日も続けています。

さて、今日も仕事です。

藤森緑先生の
この労作が
多くの占星術関係者
占星術に興味がある方
占星術を知らない人
占星術が嫌いな御仁に
届きますように。
そして
良い問題提起となりますように。

ご興味のある方は
読んでみたい方は
ご連絡ください。
ご意見ご感想も
お待ちしております。

~占いのできる隠れ家カフェ&バー 燦伍(sango)~

HPはこちら http://khakisenda.wix.com/eranos
〒106-0045 
東京都港区麻布十番2-7-14-2階
03-6435-0303
営業時間12時~24時 水曜日定休


ご予約、お問い合わせはこちらから
PC用  https://mailform.mface.jp/frms/eranos/h3i1cz7cc29w
携帯用 https://mailform.mface.jp/m/frms/eranos/h3i1cz7cc29w

エラノスの階段エラノス ロゴ
燦伍 青階段 小燦伍ロゴ小
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png イベント
もくじ  3kaku_s_L.png タロット
もくじ  3kaku_s_L.png カフェ
もくじ  3kaku_s_L.png 自然
もくじ  3kaku_s_L.png 神社
もくじ  3kaku_s_L.png 占星術
もくじ  3kaku_s_L.png スイーツ
もくじ  3kaku_s_L.png 公園
もくじ  3kaku_s_L.png メニュー
もくじ  3kaku_s_L.png スケジュール
もくじ  3kaku_s_L.png 占い師
もくじ  3kaku_s_L.png 芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 七十二候占い
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 鑑定メモ
もくじ  3kaku_s_L.png ルーン
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 文学
もくじ  3kaku_s_L.png ハーブ
もくじ  3kaku_s_L.png 星座コース
もくじ  3kaku_s_L.png セラピー
もくじ  3kaku_s_L.png スピリチュアル
もくじ  3kaku_s_L.png オラクルカード
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png グルメ
もくじ  3kaku_s_L.png 講座とセミナー
もくじ  3kaku_s_L.png 星の歌
もくじ  3kaku_s_L.png 書棚占い
もくじ  3kaku_s_L.png 書物占い
もくじ  3kaku_s_L.png 錬金術
もくじ  3kaku_s_L.png 魔術
もくじ  3kaku_s_L.png アクセサリー

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【J:COMの取材】へ
  • 【ホロスコープに色と香りをまとわせて。春分直前イベント。】へ