閉じられた本の夢、その2。読書が読書であるために

 ←閉じられた本の夢、その1。読書ってなに? →閉じられた本の夢、その3。読書の歴史
閉じられた本の夢から
読書とは何か、本とは何か
という話題になったこのブログ。

もはや占い師のブログの話題ではないですね。
とはいえまだまだ続きます。
そろそろ飽きてきた方々は
ここら辺りでリタイアした方が
賢明かもしれません・・・

理想の書物
モリスの「理想の書物」
本文と関係なくもないな・・・


さて
これらの問いの答えのひとつとして
私が導き出した考え方。
それは
本とは、内容ではなく形態によって規定される
でした。

それを基盤に
読書とは何かを考えていくと
どんな答えに到達するでしょうか。

ここでまたも質問です。
人はなぜ、本を読むのでしょうか

楽しみたいからでしょうか。
情報を得たいからでしょうか。
知識を吸収したいからでしょうか。
知らない世界を体験したいからでしょうか。

どれも正しい動機ですよね。
それと同時に、間違ってもいます。
なぜ間違っているのか。
なぜなら、それらの欲求は
ほかの媒体でも満たすことができるからです。

動画を視て楽しむ。
新聞で情報を得る。
ウェブコラムから知識を吸収する。
劇場にて知らない世界を体験する。

ではもう一度。
人はなぜ、本を読むのでしょうか
それは
その本自体に興味があり
その本自体を享受したいから
です。

紙のにおいが快いから
表紙の絵にひかれたから
テクスチャーが心地よいから
造本や装丁が気にいったから
本自体の重さをしっかり感じたいから
印刷された活字のほうが目になじむから
ページをめくる行為そのものが好きだから

理由はさまざまでしょうが
こうして敢えて本という形態を選んでいる場合
あなたは間違いなく
読書をしていることになるでしょう。
たとえ最初の一ページで
うたたねをしてしまったとしても。

その一方で
読みたくない本を仕方なく
読まなければならない場合や
読みたい内容が
本という媒体でしか読めない場合
あるいは
好きな作家の書いた内容なら
本だろうが何だろうが読みたいという場合など
内容が重要であって
本自体に興味はない

というケースはどうでしょうか。

これは読書とは言えないと思います。
本を読んでいるのではなく
内容を読んでいるに過ぎないからです。

そう、内容だけを抽出するという行為。
これは、厳密にいうと読書ではないでしょう。

とはいえ
内容だけ読みたい場合でも
休日にゆっくりと本を読んだり
自分の好きな作家と本というものが
不可分なものとして認識されている場合など
本をひもとくという行為そのものに
なんらかの満足感を得ていることも
案外多いものです。

そういう人はきっと
知らず知らずのうちに
内容を読んでいるだけでなく
本も読んでいることになるでしょう。

まとめてみましょう。
読書を読書たらしめている
その理由
を。

読書の条件
本という形のあるものに
興味をもっていること

もしくは
本という形のあるものに
触れることによって
何らかの喜びを享受していること


私が見た
閉じられた本の夢
視覚からはじまって
触覚で終わる夢でした。

最初は
本が見えていて
内容は読めるのに
読書の実感が湧いてこない。

闇から光に反転してからは
本に触れることができるだけで
内容は読めないのに
読書の実感が湧いてくる。

つまり私がこの夢で
確信を持ったことは
読書とは
視覚体験よりも
触覚体験のほうが
重要だということ
なのです。

人間に触覚というものがあり
それが好奇心や想像力と
分かちがたく結びついているならば
読書の主役は本であり続けるでしょう


そして
内容を読むだけの読書は
やがて読書という言葉では
表現されなくなる日がくるでしょう。

またつづくはず・・・です

~占いのできる隠れ家カフェ&バー 燦伍(sango)~

HPはこちら http://khakisenda.wix.com/eranos
〒106-0045 
東京都港区麻布十番2-7-14-2階
03-6435-0303
営業時間14時~翌3時 水曜日定休


ご予約、お問い合わせはこちらから
PC用  https://mailform.mface.jp/frms/eranos/h3i1cz7cc29w
携帯用 https://mailform.mface.jp/m/frms/eranos/h3i1cz7cc29w

エラノスの階段エラノス ロゴ
燦伍 青階段 小燦伍ロゴ小
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png イベント
もくじ  3kaku_s_L.png タロット
もくじ  3kaku_s_L.png カフェ
もくじ  3kaku_s_L.png 自然
もくじ  3kaku_s_L.png 神社
もくじ  3kaku_s_L.png 占星術
もくじ  3kaku_s_L.png スイーツ
もくじ  3kaku_s_L.png 公園
もくじ  3kaku_s_L.png メニュー
もくじ  3kaku_s_L.png スケジュール
もくじ  3kaku_s_L.png 占い師
もくじ  3kaku_s_L.png 芸術
もくじ  3kaku_s_L.png 七十二候占い
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 鑑定メモ
もくじ  3kaku_s_L.png ルーン
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 文学
もくじ  3kaku_s_L.png ハーブ
もくじ  3kaku_s_L.png 星座コース
もくじ  3kaku_s_L.png セラピー
もくじ  3kaku_s_L.png スピリチュアル
もくじ  3kaku_s_L.png オラクルカード
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png グルメ
もくじ  3kaku_s_L.png 講座とセミナー
もくじ  3kaku_s_L.png 星の歌
もくじ  3kaku_s_L.png 書棚占い
もくじ  3kaku_s_L.png 書物占い
もくじ  3kaku_s_L.png 錬金術
もくじ  3kaku_s_L.png 魔術

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【閉じられた本の夢、その1。読書ってなに?】へ
  • 【閉じられた本の夢、その3。読書の歴史】へ